伸びすぎると危険|庭の手入れは業者にお任せ|芝生の健康を守る
園芸

庭の手入れは業者にお任せ|芝生の健康を守る

伸びすぎると危険

剪定

庭の木は定期的に剪定しないと枝が伸びすぎてしまい、敷地の外にはみ出すことがあります。人通りや交通の多い場所に飛び出すと迷惑になるので、業者に剪定をお願いしましょう。道に張り出した枝の場合、自分で作業をすると大変危険です。また、慣れていない人が剪定する場合時間がかかってしまうので、その間通行の邪魔になってしまいます。業者に剪定を依頼した場合、安全に気をつけながら素早く作業をしてくれるので周囲への迷惑も最小限に抑えることが可能です。横に伸びる枝を剪定する他に、縦の長さも抑えることが大切です。あまりに高さがある木の場合、その重さに耐え切れず倒れてしまう危険性があります。せっかく育ったのに切るのはもったいないと考える人もいますが、そのまま放っておいてしまうと安全のためにも木のためにもよくありません。倒れてしまわないよう、業者に依頼して適切な長さに保ちましょう。
定期的に行なう必要がある剪定ですが、適した時期というのは木の種類によって異なります。所有している木がいつ手入れをしたらいいのか分からないという場合は業者に聞いてください。木に合わせて行なう時期を選ぶ他に、年末の大掃除など、年中行事に合わせて行なうことも多いです。さっぱりと見せたい時期に依頼することで、来客の多い時期でも庭を美しく見せることができます。しかし、ここで注意しないといけないのは年末などは人気シーズンのため予約が取れないこともあるということです。なるべく早い時期に予約するようにしてください。