男性

庭の手入れは業者にお任せ|芝生の健康を守る

専用の機械が必要

芝刈り機

芝生を張った庭は、裸足で歩いても気持ちがよく、子供が走り回っても安全です。他にも、雨の日でも泥はねがしにくく、庭が汚れにくいという魅力があります。このように魅力的な芝生も伸びっぱなしにすることや枯れたものを放置することで状態が悪くなってしまいます。芝生の手入れをきちんと行ない、芝生の成長をサポートしましょう。芝生の手入れ方法には芝刈りやエアレーションと呼ばれるものがあります。水やりなど簡単な作業なら自分で行なうことも可能ですが、芝刈りやエアレーションといった作業は特殊な機械がないと行なえないので業者に依頼するようにしましょう。業者なら手入れに必要な様々な機械を持っているので、大変な作業も素早く行なうことができます。
手入れ方法の1つである芝刈りというのは、伸びてしまった芝生の長さをきれいに揃えるというものです。伸びすぎてしまったものは見た目が悪くなりますし、根元へ日光や空気が届きにくくなるため病気の原因にもなります。適切な長さにすることで状態をよく保つことができるのです。一方、エアレーションというものは芝生が酸素を取り込みやすくするために空気の穴を開けるという作業です。この作業を行なうことで、固くなった土でも通気性を良くすることができるので、成長を促すことができます。これは芝刈りのようにこまめに行なう必要はありませんが、1年から3年ほどの周期で行なうようにしましょう。業者に相談するとどのタイミングで行なうと効果的か教えてもらえます。

依頼するメリット

草刈り

草刈を業者に依頼すると、庭の印象がすっきりとします。また、虫が集まりにくくなるので、庭の植物を守りやすいです。どの範囲まで草刈をするのかなど、予算を含めてサービス内容を業者と相談してください。

もっと見る

面積や高さで変わる

芝生

草刈の料金を比較するときには、面積を揃えて考えることが大切です。1坪あたりや1㎡あたりなど、業者によって設定方法は違います。多くの場合作業面積が広いほど面積当たりの料金は安くなります。

もっと見る

伸びすぎると危険

剪定

剪定をしっかり行なうことで、道に枝がはみ出してしまうことや、木が倒れることを防げます。万が一長くなりすぎた場合であっても、業者に依頼すると安全に作業を行なうので安心です。

もっと見る